FC2ブログ

Blog Nowhere

from nowhere to everywhere

風の街のウソツキ~ウソツキ・コーカサス旅行  



今年の夏は1週間ほど休みを取って、コーカサス地方(アゼルバイジャン共和国、ジョージア)を旅してきました。
「なんでまた突然そんなところに…」と思われるでしょうが、友人が現在、期間限定でアゼルバイジャンに赴任しており。
「こういう機会でもなければ、絶対に行くことなんてあるまい!」と一念発起、悪友数名で訪ねてみることにしたのです。
行ってみたら、通じる言葉(とくに価格交渉を始めとする込み入った話)は、現地語以外、主にロシア語(アゼルもジョージアも旧ソ連なので)。
友人がいなければ、私、二度と祖国の土を踏むことはできなかったかもしれません…。

そんなコーカサス珍道中、まずは第1弾、「風の街」と呼ばれるアゼルバイジャンの首都、バクーのレポートです。



にほんブログ村
-- 続きを読む --

category: ウソツキ終末旅行

tb: --   cm: 2

Requia (Requiem for Victims of the Atomic Bomb)  





にほんブログ村

category: ウソツキ終末旅行

tb: --   cm: --

扇形について  

長崎で撮ってきたその他の写真。





-- 続きを読む --

category: ウソツキ終末旅行

tb: --   cm: 0

ひょっこり軍艦島~軍艦島上陸記  

さて、前回の記事でもお分かりのとおり今年の夏休みは長崎に旅行してきた訳ですが、「折角来たのだから!」と思い、軍艦島クルーズに参加してきました。
その時の様子を、いつものおちゃらけは抜きに、真面目にレポートしてみたいと思います(既にタイトルからしてふざけてますが....)。

20170819001.jpg
奈良原一高「人間の土地」での全景ショットに1番近い角度から撮った1枚。



にほんブログ村


-- 続きを読む --

category: ウソツキ終末旅行

tb: 0   cm: 2

Predawn of Nippon  

8月、かつての同志・S君から暑中見舞いが届いた。

「暑中お見舞ひ申し上げ候。
昨今の世界情勢は、我らが共に闘つてゐた頃より、混迷を深めてゐるやうに見受けられ候。
このやうな中、我が国はいかなる道を歩むべきか。
久々に貴君と語り合ひたし」

そんな訳で僕は、夏休みを利用し、彼が現在活動の拠点としている海辺の街へと出かけたんだ。

nagasaki001.jpg
-- 続きを読む --

category: ウソツキ終末旅行

tb: 0   cm: 0