FC2ブログ

Blog Nowhere

I'm a real nowhere man, sittin' in my nowhere land...

Bittersweet Home Chicago (Get My Kicks On Route 66)  



翌日、シカゴは雪になりました…。



にほんブログ村
GW前後のシカゴは日本の3月ごろの気候と聞いておりましたので、念のためゴアテックスのジャケットとフリース、更には出発間際に迷いに迷って極暖ヒートテックもスーツケースに詰め込んできたワタクシ。
「想定内だぜ」とほくそ笑む…筈だったのですが、雪のシカゴは想像を上回る寒さ!
一日さまよい歩く中で、すっかり死にそうになりました…。


2019ustour032.jpg
朝食は、人々がルート66で西を目指した時代から営業を続けているというルー・ミッチェルズにて。
この時点では、まだ雪は降っていなかった。

2019ustour033s.jpg
賑わう店内。

パンケーキとオムレツが名物と聞き、加えて機内食から昨夜のピザまで野菜不足気味だったので、小さいサラダを注文したのですが…。

2019ustour034s.jpg
こんなん食べきれますかいな…。
いや、美味しいのは美味しいのですが、それにしてもこの量は…。
パンとか、別に頼んでないし…
(サービスみたいです。でもパンは、ここに限らず、どこで食べてもホントに美味しかった!)。

2019ustour035s.jpg
おまけにデザートも出てくる…
(サービスみたいです)。

2019ustour036s.jpg
食べきれなかったので、おみやにしてもらいました~♪
いや~しかし、周囲のアメリカ人は、男性も女性も食べる食べる!
この旺盛な食欲が、国力の違いに通じているのかもと思いました…
(まぁ、私は日本人の中でも小食な方なのですけれども…)。

2019ustour36s.jpg
お腹いっぱいになってお店を出たころから、雪が降り始める。

とはいえ、シカゴ滞在は今日限り。
とにかく歩いてみることにする。

2019ustour022s.jpg
環状線=ループが走るエリアは高層建築がひしめき合い、空も狭くて、六本木あたりを歩いてるような感じでしたが、少し歩くと、「アメリカの郊外」的景色が広がります。

歩きに歩いた…のですが、写真は全然撮れていなくて、その理由はとにかく寒かったから!
朝の時点で摂氏6度ほどだった気温は、この時点では摂氏2度くらいになっておりました。
誰だよう、「GW前後のシカゴは日本の3月ごろの気候」と言ったヤツはよう…。
青森や札幌の3月ごろということか…?

2019ustour038s.jpg
ループエリア内に帰ってくる。
雪は降りやむどころか一層強くなるばかりだったので、歩くのは諦めて…

2019ustour025s.jpg
閉館時間は迫っていたものの、シカゴ美術館を見学することに。
ライオンくんの上にも雪が積もっております。

2019ustour039.jpg
暖かい館内。
はぁ、生き返る...。

2019ustour023s.jpg
美術館の渡り廊下から。
下を鉄道が通っております。

2019ustour024s.jpg
Tom Waitsの"Nighthawks At The Diner"は、この絵にインスパイアされている...と何かで読んで以来、ずっと見たかったホッパーの"Nighthawks"とついに対面。
見れば見るほど不安定な構図なのですが、それが後ろ姿の男性の孤独感を強調しているように感じます。

2019ustour040s.jpg
誰の絵だか忘れちゃったけど(←おい)、これもステキだったなぁ。
眺めているうちにだんだんと気持ちが高ぶってくる。
これからいよいよ南部へ向かうのだ!

2019ustour041s.jpg
シカゴ美術館の正面には、かつてのルート66の起点があります。
降り続く雪の中、歴史上の数多くの旅人にならい、僕もこの道を辿って、南への起点となるユニオン・ステーションへと向かったのでした。
※繰り返しますが、ルート66は本来西へ向かうための道です…。

category: ウソツキ終末旅行

tb: --   cm: --