FC2ブログ

Blog Nowhere

I'm a real nowhere man, sittin' in my nowhere land...

Sweet Home Chicago  



今回の旅の目的地はニューオーリンズ…なのだけれど、彼の地には日本からの直行便はないため、シカゴを経由して行くことにする。
とはいえ、シカゴと言えばエレクトリック・ブルーズの聖地。
単なる通過点にしてしまうには惜しくて、一泊することにしたのだった。



にほんブログ村
2019ustour004s.jpg
シカゴはブルーズの聖地であると同時に、近代建築の聖地でもある。
そびえ立つ名建築群を眺めながら、街を散策。
こちらは、世界最古の鉄骨造のビルと言われるルッカリー。


2019ustour003s.jpg
個人的に、シカゴを代表する建物…という印象があるシカゴ商品取引所
(映画"アンタッチャブル"による刷り込みが多分にあると思われる)。


2019ustour030s.jpg
ルイス・サリバンの手によるカーソン・ピリー・スコットを、間近から。
精巧な彫刻(あるいは鋳物)…と思いきや、塗装を駆使してこうなっているようだ。


2019ustour015s.jpg
環状の高架鉄道=ループが、街を取り囲んでいる。
車道に立つ柱が、結構心もとない…。
車がぶつかったりしないのでしょうか。


2019ustour016s.jpg
しかし、この武骨な高架の上を列車が行く姿は、なかなか心惹かれるものがある。


2019ustour006s.jpg
夕食は、シカゴ名物、ディープ・ディッシュピザ。
その名の通り、深いフライパンで焼いたピザですね。
一番小さいサイズを頼んだのですが、直径はともかく厚さが我々が普段食べているピザの3~4枚分くらいはあるため、半分ほど食べたくらいで限界に達する…。


2019ustour007s.jpg
膨れたお腹をさすりさすり、予めガイドブックで調べていたナイトクラブへ。


2019ustour008s.jpg
この日のアクトは、黒人女性Vo.をフロントに据えた5人編成のバンドだった。
音楽性は、ブルーズというより、R&B/ソウル寄り。
実をいうとこの後ニューオーリンズでもローカルバーを渡り歩いたのだけれど、ガイドブックに乗っていた店より、飛びこみで入った店の方に当たりは多かった。
シカゴでももう一晩あれば、好みの音楽に出会えたような気がするのだが…。


2019ustour009s.jpg

2019ustour010s.jpg
まぁ、雰囲気は、悪くないですよね。


2019ustour013s.jpg
ほろ酔い気分で、やはり名建築を見ながら、ぶらぶらと帰ってくる。
※マリーナ・シティ


2019ustour012s.jpg
「夜景も綺麗だし、なかなか甘美な都市ではないか」…などと思っていたのですよ、この時までは!
翌日、"ホワイトシティ"は、隠していた牙を剥くことになります…。

category: ウソツキ終末旅行

tb: --   cm: --