Blog Nowhere

いつか、どこでもない場所で

Predawn インストアイベント@タワーレコード新宿店  


アルバム”A Golden Wheel”発売を記念し、タワーレコード新宿店で行われたPredwanのインストアイベントに行ってまいりました。
特典引渡会は、タワーで購入した人限定ということでしたが、その前に行われるミニライヴは観覧フリー。
stick boyは、特典にCD-Rがつくという別のお店で購入してしまいましたので、タワーさんの懐の深さに甘え、無料でライヴだけ鑑賞です♪

ベージュのヘンリーネックTシャツに黒いパンツというスタイルの美和子さん。
例によって小動物を思わせる挙動不審さ?で登場し、披露したのは、未発表曲2曲を含む9曲。
これ、はっきり言って、通常の彼女のライヴと同じボリュームです(対バン形式で、持ち時間30~40分というのが恒例)。
しかも、いきなり未発表の新曲から始めるという、およそレコ発イベントとは思えぬ暴挙!
何、この攻めの姿勢...笑

ただ、いつものライヴと大きく違っていたのは、会場の空気が圧倒的にピースフルかつイージーであったこと。
別に普段のライヴが殺伐としている訳ではないのですが、前述のように対バン形式=他のアーティストを見に来たお客さんも多い中では、多かれ少なかれアウェイ感が漂ってしまうもの(それでも、演奏しているうちに、いつの間にか場の空気を持っていっちゃうのはさすがなのですが)。
それがこの日は、彼女目当てのお客さん(200人近く集まっていたんじゃないかな…)だけに囲まれている訳で、ホームでの余裕のゲーム...という感じでした(まあ、余裕だったのは、本人曰く「緊張するので、一杯ひっかけてきた」影響も少なからずあったのかもしれませんが…笑)。
手拍子や合唱なんて一切ないのだけれど、パフォーマーと観客が一体になっているのが確実に分かって。
ライヴの良しあしって、アーティストだけの力でなく、観客にもよるのだな…ということを改めて思う。
唄いながら、斜め上を見ることが多い美和子さんですが、この日もそういう場面はあったものの、いつもよりしっかりと観客を、会場内を見ようとしていたように感じます。
きっと彼女も、会場の穏やかで打ち解けた雰囲気を、歓迎してくれていたんじゃないかな。

...とまぁ、そんな具合で、ライヴがあまりに素晴らしかったものですから…。
その後の特典(サイン入りポストカード!)引渡会にも参加したくなってしまい、ワタクシ、その場でアルバムをもう1枚買ってしまいました...。
なにが「タワーさんの懐の深さ」だよー。カモにされてるだけじゃねーかよ…Orz
握手会参加券欲しさにAKB48のCDを何枚も買う人達のこと、笑えねーよ。

ちなみに、最初のうちは、サイン済みのポストカードをただ渡すだけだったのですが、早々になくなってしまい、その場でサインを書きながらの進行となりました!
スタッフのお姉さん(Predawnのライヴでいつもお見かけするメガネの人。割と好み♪)から次々と差し出されるポストカードにその場でサインしながら、「餅つき状態」なんて呟く美和子さん…可愛かったっす。

6月30日のライヴのチケットも無事取れたし、これからも「生温かい目で」(←本人がMCで言っていたw)見守っていきたいと思います!

2013041402.jpg
サイン入りポストカード♪...と、僕の愚かしさを証明する2枚のCD...。Beware my foolish heart...

category: Predawn

tb: 0   cm: 8

コメント


師匠、鴨川でお会いしましょう…。
京都でもタワレコでライブありますから…。

忘れずに二枚のアルバムとねぎをしょってきてくださいねー(*´∀`)アハハ♪

URL | small mouse #-
2013/04/19 17:13 | edit

ちっちゃなねずみのちーちゃんへ

おお、京都でもイベントが!?
ねぎ背負ったカモよ、鴨川までカモーン!という感じでしょうか。
…。

でも、「懐の深さに甘え」るつもりが、かえって懐具合が寒くなってしまい…。
お財布の中がこの惨状では、とても四条まで辿りつけそうにありません…。
...<(_ _)>

URL | stick boy #-
2013/04/20 08:13 | edit

同じ物が2枚並んでいると、シュールで、新しいアートみたい(笑)

そういえば、、、感想まだでしたよね♪
毎日のように聴いているので、何だか身体の一部と化しています。
アルバムの作りが「物語」になっている気がしました。

>しかも、いきなり未発表の新曲から始めるという、およそレコ発イベントとは思えぬ暴挙!

これを読んで、あぁ納得と何となく自分の中で腑に落ちるものがありました。
やっぱりただの「癒し系」では語れない内包した反逆精神(笑)が、ズキュンズキュンきます(笑)

あぁ、私の懐も温かければ、こたつ背負って京都まで行きたい、、(笑)

URL | ちまちま #-
2013/04/20 13:21 | edit

ちまちまのちーさんへ

> 同じ物が2枚並んでいると、シュールで、新しいアートみたい(笑)
LPとCDと2枚買う...というのはあったのですが、CD2枚は初めてです...。
ちまちまさん、買うのをもう少し待っていただけたら、差し上げられたんですけどね。
ホント、申し訳ないです。
でも、気に入っていただけたようで、うれしいです^^

> アルバムの作りが「物語」になっている気がしました。
聴いていると、物語の世界に入ってゆくように感じますよね。
そのまま帰ってきたくなくなります。

> やっぱりただの「癒し系」では語れない内包した反逆精神(笑)
笑 「レベルミュージック」なんて大げさな言い方をしてしまいましたが、型破りなことは確かだと思います(...「天然」ともいう...???)。

> あぁ、私の懐も温かければ、こたつ背負って京都まで行きたい、、(笑)
またまた~。
へそくりしてるんでしょ、へ・そ・く・り♪

URL | stick boy #-
2013/04/20 19:36 | edit

えー
フリーライブだったのですか
わたし、購入時に特典は終了してますが大丈夫ですか?と店員さんに言われたので、そのイベントは特典を入手できた方しか参加できないのかとおもっていました(/ _ ; )
なんだよー、おしえてよー、いじわるだー
もっとちゃんと確認しておけばよかった…
stick boyさんのお話がくやしすぎて、ちゃんと読めませんでした
CDの追加購入してしまうのわかります。
っていうか、ほんと何枚でも購入できてしまうようなすてきなアルバムですよね

あーもう、ほんとうらやましーの一言でむねいっぱいですっ

URL | Sheep Closet #-
2013/04/22 14:04 | edit

Sheep Closetさんへ

え~、てっきりSheep Closetさんも、いらっしゃったものだとばかり思っていましたよ~。
でも、「特典引渡会」って書いてあったら、そう思いますよね。

じゃぁ、一緒に西の方のイベントを責めにいきますか!
ガケ書房の貸棚の状況も気になるでしょうし!もちろん、旅費は「Sheep Closet」の経費でっ!!←
...。
(※Sheep Closetさんは、埼玉でアンティークショップを経営していらっしゃるのですが、その図書部門が、あのガケ書房さんの一画に棚を借りて出店しているのです。
パダワンのチビネズミよ、見に行くのだっ!)

> っていうか、ほんと何枚でも購入できてしまうようなすてきなアルバムですよね
いや、本当に何枚も買ってしまうのは、ただの馬鹿という気が…Orz
よろしければ、ひつじ図書・レコード部?で買い取っていただけませんかね…。
まだ未開封なので…。

URL | stick boy #-
2013/04/22 20:42 | edit

生ライブですか~
いいなぁ~♪
北海道にライブ来ないのかな~
(そういう情報に疎いというか、チェック忘れて
気づいた時には来た後で、見逃したアーティスト多数いる。。。)
最近作業中は、ほぼこのCD聴いてます。
なぜだかサクサク進むので
もう、おまじないみたいになってますよ^^

同じCDでも、同じじゃないんですよ!きっと!
2枚手にするのはもう運命だったと
そう思いましょう~(笑)

URL | amblue #-
2013/04/26 16:21 | edit

amblueさんへ

コメントありがとうございます!
Predawn、気に入っていただけたようでうれしいです!

> 北海道にライブ来ないのかな~
アルバムリリースに合わせてあちこち回っているようなのですが、北海道はありませんでしたね。
もう、これはamblueさんが火をつけるしかないのでは?

> 同じCDでも、同じじゃないんですよ!きっと!
や、実はそうなんですよ!
後から買った方のCD、”Keep Silence”が日本語バージョンだったんですぅ!
amblueさんが「どうしても!」って言うのなら、お譲りしますけどっ!←
…。
…うわっ、鼻が、鼻がぁっ~っ! 笑

URL | stick boy #-
2013/04/26 21:41 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://blognowhere.blog.fc2.com/tb.php/151-9630668c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)