FC2ブログ

Blog Nowhere

from nowhere to everywhere

高加索鉄道の夜~ウソツキ・コーカサス旅行3  



気がついてみると、さっきから、ごとごとごとごと、ウソツキの乗っている小さな列車が走りつづけていたのでした。
ほんとうにウソツキは、夜の国際鉄道の、小さな黄色の電燈のならんだ車室に、窓から外を見ながら座っていたのです。
(ミャー沢賢治 「高加索鉄道の夜」より)



にほんブログ村
-- 続きを読む --

category: 写真集 「The Cats Are Alright」

tb: --   cm: 0

荒野論~ウソツキ・コーカサス旅行2  

baku121s.jpg
アゼルバイジャンでは、現地のツアーに参加し、バクー郊外にある観光スポットも巡ってきました。



にほんブログ村
-- 続きを読む --

category: ウソツキ終末旅行

tb: --   cm: 0

風の街のウソツキ~ウソツキ・コーカサス旅行  



今年の夏は1週間ほど休みを取って、コーカサス地方(アゼルバイジャン共和国、ジョージア)を旅してきました。
「なんでまた突然そんなところに…」と思われるでしょうが、友人が現在、期間限定でアゼルバイジャンに赴任しており。
「こういう機会でもなければ、絶対に行くことなんてあるまい!」と一念発起、悪友数名で訪ねてみることにしたのです。
行ってみたら、通じる言葉(とくに価格交渉を始めとする込み入った話)は、現地語以外、主にロシア語(アゼルもジョージアも旧ソ連なので)。
友人がいなければ、私、二度と祖国の土を踏むことはできなかったかもしれません…。

そんなコーカサス珍道中、まずは第1弾、「風の街」と呼ばれるアゼルバイジャンの首都、バクーのレポートです。



にほんブログ村
-- 続きを読む --

category: ウソツキ終末旅行

tb: --   cm: 2

余熱 (Afterheats)  



石に残る余熱のように。
あと少しだけ、夏の余韻に浸っていたいのだ。




にほんブログ村


旅行記をまとめる時間が、ホンマにありません...。

category: 写真集 「The Cats Are Alright」

tb: --   cm: 0