Blog Nowhere

sometime / nowhere

postscript  



溢れる雑事を諦めることで、

思いがけなく出来た空白...。

一年の余りとでもいうべき午後、

余剰と欠如について思いを馳せる書評集を読んでいます。

幸福なひとときをどうにかして記録しておきたくて、予定外の更新。

2012年の追伸です。



余計なことばかりを書き連ね、肝心なことは何一つ語らない...というおかしなブログ。

いつもご愛顧いただき、どうもありがとうございます。

来年もこの調子で、のらりくらりとやっていけたらと思っています。

みなさま、どうぞよいお年をお迎えください。

category: 本とその周辺

tb: --   cm: --

忘年会  


「ま、まだまだ、若いものには負けんよ...。うぃ~、ひっく!」

あなたの健康を損なうおそれがありますので、飲み過ぎには注意しましょう...

category: 写真集 「The Cats Are Alright」

きらきらひかれ  


Jesus gave me the light.
I'm gonna let it shine.
Everyday I'm gonna let my little light shine.

-- 続きを読む --

category: 写真集 「嘘じゃないって!(no lies, just love)」

ある光 (アール・ヌーヴォーとアール・デコ展~その時代の光@和光ホール)  

wako.jpg
明日も出勤することになっちまいまして、すさんだ気持ちになったものですから、仕事ぶん投げてほぼ定時で上がり、銀座和光ホールで開かれている「東京国立近代美術館工芸館の名品でみるアール・ヌーヴォーとアール・デコ展 ―その時代の光―」を見てまいりました。

-- 続きを読む --

category: 日用美術館

tb: 0   cm: 4

the tracks of my tears (または星降る夜に街角で)  


ふたりの門出を祝う席でしこたま飲んで

終電を逃して、歩いて帰ってきたのだけど

あと一駅というところまで来て、立てなくなってしまった

今夜は星がきれいだなあ

でも、なんだかにじんで、よく見えないや

category: 写真集 「嘘じゃないって!(no lies, just love)」

tb: 0   cm: 8

やぶれかぶれ  

everysyoji1.jpg
すべての記録は破られるためにあり、
すべての障子は破られるためにある。




syoji2.jpg
あ...奥さんがものすごい勢いで怒ってる...。

category: 写真集 「The Cats Are Alright」

母と娘のエチュード  


新潮社の季刊誌『考える人』が好きで、毎号ではないものの、特集が面白いと買うことにしている。
買ってから真っ先に読むのは、実は特集ではなく、イラストレーター・さげさかのりこさんが娘のハナちゃんとの日々を綴ったエッセイ「娘と私」。現在も継続中であるこの連載の既発表分が、(一部端折ったりしつつも)単行本としてまとまった(タイトルが連載とは相違しているのは、獅子文六への遠慮なのかな?)。
-- 続きを読む --

category: 本とその周辺

tb: 0   cm: 6

walk out to winter  


Walk out to winter, swear I'll be there.
Chill will wake you, high and dry
You'll wonder why.

冷え切った空気の中へ、黄色い道化師は歩き出す...
(そもそも場を凍りつかせたのはオマエだ...とか言っちゃダメ)

category: 写真集 「嘘じゃないって!(no lies, just love)」

tb: 0   cm: 6

尊厳の芸術展@東京芸術大学大学美術館  

artofgaman01.jpg
東京芸術大学大学美術館へ、終了が間近に迫った(なんか、いつもこういうタイミングで出かけている気がする...)尊厳の芸術展を見に行ってきました。
-- 続きを読む --

category: 日用美術館

tb: 0   cm: 4

小さなネズミの小さな世界  


小さなネズミは、気高い心を持って、この世界を行く。

...チャックをあけると、ひげ生やしたおっさんが出てくるという説もある...。

category: 写真集 「嘘じゃないって!(no lies, just love)」

tb: 0   cm: 8