Blog Nowhere

sometime / nowhere

Tram In Vain (Stand By Me)~ウソツキと冬への扉 番外編  

旅行中に撮ったその他の写真。


「高岡雨情 (Tram In Rain)」 stick boy 2017



にほんブログ村

-- 続きを読む --

category: ボクラガ旅ニ出ル理由(世界出鱈目紀行)

tb: 0   cm: 2

ウソツキと冬への扉 (後篇)  



Johnny B Goodはギター片手にルイジアナを出てゴールデンウエストを目指したのだけれど、ウソツキはカメラ片手に日本海を(ひとまず)背にし、次の町を目指したのだった。
※写真は、車窓からの風景ではありません。寒風吹きすさぶ中、橋の上に立って撮りました…。

にほんブログ村
-- 続きを読む --

category: ボクラガ旅ニ出ル理由(世界出鱈目紀行)

tb: 0   cm: 4

ウソツキと冬への扉 (前篇)  

2017toyama001.jpg

2017年最初の週末を迎える前の晩のこと。
新年早々ハードワークをこなしたウソツキは、ヘトヘトになって帰宅しました。
朦朧とする意識の中、「あれ、うちの玄関てこんなに派手だったっけ…」と思いながら扉をくぐると、その向こうに広がっていたのは…。



にほんブログ村
-- 続きを読む --

category: ボクラガ旅ニ出ル理由(世界出鱈目紀行)

tb: 0   cm: 4

いかしたバンドのいる町で ~ Where The Bands Are (夏休みの思い出2016 番外編)  

旅行中に撮ったその他の写真。



倉敷では、マイルス・デイヴィス九重奏団を思い起こさせるいかしたノネットに出会った。
クールの誕生。

-- 続きを読む --

category: ボクラガ旅ニ出ル理由(世界出鱈目紀行)

tb: 0   cm: 0

色彩を持たないウソツキと、彼の巡礼の年 (夏休みの思い出 2016 その3)  

心地よい揺れに身を任せてウトウトしているうちに(我ながら、寝てばっかりですなw)、バスは目的地へと到着。
車掌に起こされ慌てて飛び降りた僕は、荷棚に色彩を置き忘れてしまったことに気づいた。
振り返ると、すでにバスは影も形もない。
仕方なく僕は、モノクロの町を歩き始めたのだった。

onomichi001.jpg


-- 続きを読む --

category: ボクラガ旅ニ出ル理由(世界出鱈目紀行)

tb: 0   cm: 4